公認会計士を目指す人であればだれもが気になるであろう公認会計士の年収について

公認会計士を目指してみようかなと思っている人にとって魅力に感じているポイントとしては、年収が高いということが挙げられると思います。気にある年収について詳しく紹介していきたいと思います。

■公認会計士の年収はどれくらいなの?

公認会計士を目指す人であればだれもが気になるであろう公認会計士の年収について

公認会計審の仕事は会計のプロということで、その人にしかできない仕事です。様々な業務に携わり、幅広い分野必要とされているスキルを持っていますから、収入も必然的に高くなります。大企業に勤めるサラリーマンの平均年収が500万程度だとすると、公認会計士は800万円から1000万円と倍近くになります。

もちろん、どの監査法人に就職するかによって収入に差は出ますが、大手に就職することができれば、初任給でも年収500万はくだらないでしょう。経済的に安定した生活を送りたいという人にとっては大きな、魅力ですよね。初任給の時点でその金額ですから、実力や経験を身に着けていくにつれて、どんどん年収も高くなっていきます。

努力次第ですが年収1000万円以上になるまでに時間がかからないという人も多くいるでしょう。昇進や独立、転職などで高い収入を狙えるチャンスもたくさんありますから、高給取りになりたいという夢があって、数字や計算が嫌いじゃないという人にとってはうってつけの職業といえるのではないでしょうか。

◆収入で選ぶなら税理士よりも公認会計士がおすすめ!

公認会計士は、おなじ数字を扱う職業として税理士と比較されていることが多いですよね。試験の方式や難易度も異なるので、どちらの方が上だということは一概にはいえませんが、収入面で言えば、公認会計士の方が格段に上だといえます。それは公認会計士の業務の中に、日本経済を支える重要な意味を持つものが多いこと、監査法人に属するということなどが理由に挙げられます。

仕事内容もふたを開けてみれば全く違うのですが、同じような数字を扱う仕事としてどちらを目指そうか迷っている人は、収入の面では、公認会計士の方が上だということを覚えておくと参考になるかもしれません。

■福利厚生がしっかりしているのも魅力
公認会計士の仕事は福利厚生がしっかりとしているのも魅力です。育児休業や介護休業などを設けいていたり、プライベートを充実しやすい職業といえます。だからこそ女性にも働きやすいと人気なのです。正社員ではなくても、パートやアルバイトなどで働くことができるのも資格を取得しておくメリットといえますね。

原点★公認会計士の資格を取るなら東京CPA会計学院 https://cpa-net.jp/

時給も一般的なアルバイトよりも高いので、短期雇用で働くのにも向いています。監査の時期には忙しく、休日出勤も当たり前の世界です。定時には帰れず、残業は必須、仕事を持ち帰るほどの時もあるでしょう。それくらい忙しい仕事だと言うことです。

収入で選ぶなら税理士よりも公認会計士がおすすめ!

でも、忙しい時期を過ぎれば、土日祝日はしっかりとカレンダー通り休むことができますし、残業なしで働くことができる場合もたくさんあります。忙しい時期に休めなかった分、落ち着いている時期には、長期休暇をとることも可能です。医者など高収入の職業は休みなく働くイメージですが、公認会計士は監査の時期を過ぎれば割と余裕をもって生活できるといえるでしょう。

■高収入が狙える公認会計士を目指してみては?

将来のことを考えるとできるだけ高い収入を狙える職業に就きたいと考える人はたくさんいると思います。経済に興味があって、計算や数字が好きだという人は、高い収入が魅力の公認会計士を目指してみてはいかがでしょうか。

◆安定した公認会計士という資格にはどんな魅力が隠されているのか?

世の中にはいろいろな職業や資格がありますが、「公認会計士」はその中で安定性や将来性が魅力的です。医師、弁護士と並んで三大国家資格と言われる公認会計士。今回はそんな公認会計士の魅力を紹介していきます。

■社会地位の高さが公認会計士の魅力

公認会計士は会計や財務のプロフェッショナルとして、会社経営者を支える公認会計士は社会的地位の高さが魅力になります。公認会計士の仕事は会社経営者へのアドバイスや財務、税務などいろいろな分野の会計・税務に関する仕事ができます。その中でも企業の財務諸表がきちんと作成されているか?その監査は公認会計士にしかできません。

弁護士の裁判、医師の診断・手術の施術のように公認会計士の資格をもった人間しか行えない社会的地位が保証されているのです。

■ビジネスシーンにおける将来性
公認会計士は高い将来性も魅力の1つです。企業の国際化、作成書類の難航により経理や総務の人間だけでは、財務諸表の作成が難しくなっているのも事実です。今後の公認会計士は監査以外の様々なビジネスシーンにおける会社経営者や経理関係の人間への専門的なアドバイスを行う必要が出てきます。

公認会計士としてさらなる業務への期待と将来性が広がりつつあるのです。

■収入面でも安定している

安定した公認会計士という資格にはどんな魅力が隠されているのか?

公認会計士は会計や財務における専門知識・経験を活かし、公認会計士にしかできない仕事を行います。クライアントである会社経営者に対して専門的なアドバイスや監査のような公認会計士にしかできない仕事をする公認会計士はその対価として高い報酬を得ることができます。

平均的な公認会計士の年収は1000万円以上。不況で苦しむ日本のサラリーマンでここまで高い年収を得ている人はあまり多くなく、公認会計士としての魅力が感じられます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ