もしもの話なのですが公認会計士が独立したいと思ったらどういった心構えが必要?

公認会計士は通常、監査法人に就職して、いろいろな企業の監査を行うのが一般的な業務ですが、そのほかにもいろいろな業務があり、上手く働きの場を増やせれば、年収をアップさせることも十分可能です。もともと高い年収をさらに上げるためにはどんな方法があるのでしょうか。紹介します。

■独立して個人事務所を経営する
公認会計士の資格を取得したら、個人の会計事務所を作って働くことも可能です。監査法人に就職するのではなく、個人で、企業と取引を行って、税務管理や、コンサルティング、財務書類の作成などをして経営がうまくいくように支えていきます。取引先の企業の経営が、自分のおかげでうまくいくようになれば、その分、得られる報酬も大きくなるので、年収1000万円を目指すことも十分可能です。

■税理士や行政書士の仕事も担うことで成功率がアップ
公認会計士の資格を得ると、登録さえすれば税理士や行政書士としても働くことができます。知識を持っているということになるからです。公認会計士の仕事だけでなく、税理士や行政書士の仕事まで担うことができたら、幅広いニーズにこたえることができますよね。

監査法人に就職する場合は、会計士のスキルだけで十分ですが、個人事務所を開いて、多くの人に利用してもらうためには、公認会計士の仕事だけでなく幅広い仕事を持っている方が有利になります。仕事の幅が広くなることで当然収入も増えますよね。

■独立するのは監査法人での経験を積んでから
独立することで収入を増やすことができますが、いきなり個人事務所を立ち上げる人は少ないといえます。まずは、監査法人に就職して、経験を重ねて行きましょう。独立開業するまでには、少なくても5年間は下積み時代として別の場所で働くことをお勧めします。

One Response to “もしもの話なのですが公認会計士が独立したいと思ったらどういった心構えが必要?”

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ