もしお時間があるのであればこちらで公認会計士と他の職業の年収の違いをご確認ください

公認会計士は収入が高いのが魅力の職業です。ほかの職業と比べるとどれくらい違うのかを詳しく見ていきたいと思います。

■サラリーマンと公認会計士の違い
大企業に勤めるサラリーマンの平均年収は500万円くらいだといわれています。公認会計士の平均年収はその2倍の1000万円近くになります。難関国家資格といわれているだけあって、他の人にはできない重要な仕事なだけに、収入が高くなるのには納得ですが、ここまで違いが出るとなると、一度は目指してみたいと思う人もおおいでしょうね。

■税理士と公認会計士の違い
同じ数字を扱う専門家として税理士と比べてみましょう。税理士の平均年収は500~600万といわれています。資格が必要な割には、大企業に勤めるサラリーマンとほとんど変わらない年収なんです。公認会計士は、その倍の1000万円以上の年収が平均値ですから、収入面だけで見れば、優っていることが分かりますよね。

■医者と公認会計士の違い
医者は、弁護士と並んで公認会計士とともに三大難関国家資格といわれていますから、収入が高くなることは容易にわかりますよね。収入の高さでも有名な職業ですが、公認会計士との大きな違いは初任給です。医者は研修医時代の給料はサラリーマンと同じくらいの低いものですよね。

その点、公認会計士は、大手の監査法人に就職することができれば初任給で年収500~600万円を稼ぐことができるんです。そこからの伸びしろは本人次第というところもありますが、就職したての時点でたくさんの収入を得ることができるのは公認会計士だといえましょう。

■色々な職業と比較しても、公認会計士の収入は魅力!
色々な職業の年収と比較しても、公認会計士の高収入は魅力ですよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ